不動産トラブルの
よくあるお悩み

_____

家賃滞納・催促・回収のよくあるお悩み

Q
質問です
A
答えです
Q
長期間、家賃を滞納している賃借人がいます。どうすれば家賃を回収することができますか?
Q
賃借人に賃料を請求する時に注意しなければいけないことはありますか?
A
法律に基づいて適切な手続きをとることが大切です。
「勝手に玄関の鍵を効果する」「荷物を処分する」などの強制的な追い出し行為は、「自力救済」に当たり違反行為とみなされる場合がありますのでご注意ください。
Q
自分で未払い賃料の回収を考えているのですが…
A
ご自身で対応するのは難しいと思われますので、不動産トラブルの経験が豊富な弁護士に相談されることをおすすめします。
項目を追加

不動産明け渡しのよくあるお悩み

Q
質問です
A
答えです
Q
こちらの都合で入居者に出て行ってもらうことはできますか?
A
賃借人は「借地借家法」という法律により守られていますので、立ち退きを求める正当な理由(正当事由)がないと簡単に立ち退いてもらうことはできません。
Q
賃借人のマナーが悪くて困っているのですが、出て行ってもらうことは可能ですか?
A
家賃の滞納や、規則を守らないなど、賃借人との信頼関係を保つのが難しいと判断された場合には立ち退きを求めることが可能となります。
Q
入居者に立ち退きを求めるにあたって、立ち退き料が発生することはありますか?
A
賃借人に不動産明け渡しを求める時には、立ち退きを求める正当な理由「正当事由」が必要となりますが、この正当事由の程度によっては立ち退き料が発生するケースもあります。
項目を追加

賃料増額のよくあるお悩み

Q
質問です
A
答えです
Q
どのような場合に賃料を増額させることができますか?
A
「税金が増額した」「地価が変動した」「周辺の家賃相場と比べて不相当となった」などの場合には、経済状況の変化に応じて賃料の増額を請求することが可能です。
Q
賃料を増額する時にはまず何から始めればいいのですか?
A
賃料を増額させる時にはまず、賃借人と賃料増額交渉を行います。
交渉において「現在の賃料が周辺の相場と比べて不相当なので増額させてほしい」などと交渉し、賃借人の合意を得ることになります。
Q
賃借人と交渉しても増額に応じてくれないので、訴訟で解決しようと思うのですが…
A
賃料増額の際の法的な手続きには民事調停と訴訟がありますが、「調停前置主義」という考え方のもと、民事調停を飛ばして訴訟することはできません。
なので、賃料増額交渉で話がまとまらなかった時には、訴訟を提起する前に民事調停を申し立てる必要があります。
項目を追加