一般的な訴訟までの流れ

_____

法律相談から訴訟・解決までの流れ

賃料の未払いが2ヶ月以上続いているようでしたら、弁護士に相談されることをおすすめします。

家賃滞納や賃借人の状況などに応じて、弁護士がベストな解決方法をご提案します。

「入居者が家賃を支払ってくれず、交渉により任意で明け渡してもらうのは難しい」というような場合には、不動産の明け渡し(立ち退き)請求に至る場合があります。

こちらでは、一般的な訴訟までの流れをご説明します。
01
AM 9:30
担当する現場へ移動
あのイーハトーヴォのすきとおった風、夏でも底に冷たさをもつ青いそら、うつくしい森です。夏でも底に冷たさをもつ青いそら、うつくしい森です。
01
ご連絡
まずはお電話などで当事務所にご連絡ください。
法律相談の日時を調整させて頂きます。
事前にご予約頂けましたら土日祝、早朝・夜間のご相談も可能です。
また、別途費用が必要となりますが出張相談も行っております。
02
法律相談
不動産トラブルの経験豊富な弁護士が、ご相談者様から詳しく状況をおうかがいした上で、最もリスクが低く、スピーディな解決がはかれるスキームをご提案致します。
03
内容証明郵便による通知書発送(催告書兼解除通知書)
未払いの賃料の支払いと不動産明け渡しを求めるために、内容証明郵便により「催告書兼解除通知書」を発送します。
弁護士が内容証明を発送するだけで、すぐにトラブルが解決するケースもあります。
04
賃借人と協議
賃借人と未払い賃料の支払いと、不動産明け渡しについて示談交渉します。
示談交渉がまとまり、賃借人が未払い賃料の支払い・不動産明け渡しに応じれば問題解決ですが、交渉がまとまらなかったり、賃借人が期限まで応じなかったりした場合には、地方裁判所に訴訟提起します。
05
地方裁判所に訴訟提起
地方裁判所に不動産明け渡しの訴訟を提起します。
訴訟に必要な書類の取り寄せや、訴状の作成などはすべて弁護士が行います。
06
判決
地方裁判所での裁判で明け渡しを認める判決が出ましたら、強制執行の手続きをとることができるようになります。
07
強制執行の申し立て・明け渡しの催告
判決が出た後も賃借人が不動産を明け渡さない場合には、強制執行の申し立てを行い、執行官から明け渡しの催告を行ってもらいます。
08
不動産の明け渡し・問題解決
催告した期限を過ぎても賃借人が不動産を明け渡さない場合には、執行業者を通じて強制的に家財道具の撤去などを行います。
当事務所には懇意にしている執行業者がございますので、そちらを通じて強制執行を行えば通常よりも費用を抑えることが可能です。
項目を追加