不動産の明け渡し

_____

こんなことでお困りではありませんか?

ここをクリックしてテキストを入力してください
賃借人が賃料を支払ってくれないので出て行ってほしい
入居者が規則を守ってくれず、信頼関係が保てないので明け渡しを求めたい
契約した賃借人以外が住んでいる
建物の老朽化にともない改築を考えているので、入居者に立ち退いてほしい
不動産の明け渡しを求めるに際して、立ち退き料が請求されないか心配だ
不動産の明け渡しに関わるトラブルをできるだけ早期に解決したい
不動産トラブルの経験が豊富な弁護士に相談して、最適な解決方法をアドバイスしてほしい
項目を追加
など

不動産の明け渡しでお困りの方へ

あのイーハトーヴォのすきとおった風、夏でも底に冷たさをもつ青。

夏でもそこに冷たさをもつ青いそら、うつくしい森です。
あのイーハトーヴォのすきとおった風、夏でも底に冷たさをもつ青いそら、うつくしい森で飾られたモリーオ市、郊外のぎらぎらひかる草の波。
あのイーハトーヴォのすきとおった風、夏でも底に冷たさをもつ青いそら、うつくしい森で飾られたモリーオ市、郊外のぎらぎらひかる草の波。

不動産の明け渡しでは
適切な手続きを
踏むことが大切です

「賃借人が賃料を支払ってくれない」「契約した賃借人以外が住んでいる」「建物の老朽化にともない改築を考えているので、入居者に立ち退いてほしい」など、不動産の明け渡しに関わるオーナー様のお悩みは様々です。

ですが、いくら賃借人が契約を守らないからといって、勝手に鍵を取り替えたり、合鍵で中に入ったり、荷物を運び出すようなことをしてはいけません。

そうした行為は、賃借人から損害賠償を請求されるなどの予期せぬトラブルを引き起こす恐れがあります。

不動産の明け渡しでは、法律に従って適切な手順を踏むことが大切です。

「どうやって明け渡しを求めればいいのかわからない」「面倒な手続きを誰かに任せたい」ということでしたら、法律の専門家である弁護士にお任せください。

不動産の明け渡しに際し
オーナー様が
やってはいけないこと

家賃滞納の状態が続いていても、次のような行為は「自力救済」に当たり違反行為とみなされる場合がありますので、法律に基づいた手続きを踏んで適切に明け渡しを求めるようにしましょう。

 
・勝手に鍵を取り替える
・合鍵で室内に立ち入る
・家財道具などを勝手に処分する
・明け渡しを求めて玄関などに張り紙を貼る
・明け渡しを求めて電話をかけ続ける

すべての行為が即違反行為とみなされるとは限りませんが、いずれにしても安易な行動は禁物です。

明け渡しを求めて訴訟にまで発展した時に、不利に働く恐れもあります。

不動産トラブルの経験が豊富な弁護士に相談して、適切な対応をとるようにしましょう。

正当事由がない限り
簡単に入居者を
立ち退かせることはできません

賃借人は「借地借家法」という法律により守られています。

そのため、立ち退きを求める正当な理由(正当事由)がないと、簡単に立ち退いてもらうことはできません。

立ち退きを求める正当事由としては、主に次のようなものがあります。
項目を追加

うつくしい森

あのイーハトーヴォのすきとおった風、夏でも底に冷たさをもつ青いそら、うつくしい森です。夏でも底に冷たさをもつ青いそら、うつくしい森です。

賃貸借契約の終了

賃借人との賃貸借契約の期間が終了した場合には、賃借人に立ち退きを求めることが可能です。

信頼関係が保てない

家賃の滞納や、規則を守らないなど、賃借人との信頼関係を保つのが難しいと判断された場合には立ち退きを求めることが可能となります。

建物の老朽化

建物の老朽化にともない改築を考えており、このままだと住んでいる人に危険が及ぶようなケースでは、立ち退きを求めることが可能です。
ただし、老朽化の程度や賃借人の対応によっては、立ち退き料の支払いが求められるケースもあります。
項目を追加

あのイーハトーヴォのすきとおった風、夏でも底に冷たさをもつ青。

夏でもそこに冷たさをもつ青いそら、うつくしい森です。
あのイーハトーヴォのすきとおった風、夏でも底に冷たさをもつ青いそら、うつくしい森で飾られたモリーオ市、郊外のぎらぎらひかる草の波。
あのイーハトーヴォのすきとおった風、夏でも底に冷たさをもつ青いそら、うつくしい森で飾られたモリーオ市、郊外のぎらぎらひかる草の波。

明け渡しを求める理由によっては立ち退き料が発生するケースも

「借地借家法」という法律で守られている賃借人に不動産の明け渡しを求める時には、立ち退きを求める正当な理由「正当事由」が必要となりますが、この正当事由の程度によっては立ち退き料が発生するケースもあります。

「不動産の明け渡しを求めるに際して、立ち退き料が請求されないか心配」という方は、一度当事務所までご相談ください。
項目を追加

不動産明け渡しの方法

うつくしい森

あのイーハトーヴォのすきとおった風、夏でも底に冷たさをもつ青いそら、うつくしい森です。夏でも底に冷たさをもつ青いそら、うつくしい森です。

内容証明郵便による
不動産の明け渡しの請求

長期間、家賃を滞納しているなどの理由で賃借人に不動産の明け渡しを求める方法として、内容証明郵便で「催告書兼解除通知書」を発送するというものがあります。
  
内容証明郵便であればいつ・どんな内容を相手に送ったのかを郵便局が証明してくれるので、請求があったかどうかや、その内容が後のトラブルの原因となることを予防することができます。

弁護士が内容証明を発送するだけで、すぐにトラブルが解決するケースもあります。

地方裁判所に訴訟提起

内容証明を送っても賃借人が明け渡しに応じない場合には、地方裁判所に不動産の明け渡しの訴訟を提起するという方法があります。

訴訟に必要な書類の取り寄せや、訴状の作成などはすべて弁護士が行います。

地方裁判所での裁判で明け渡しを認める判決が出ましたら、強制執行の手続きをとることができるようになります。

強制執行

裁判所での判決が出た後も、賃借人が明け渡しに応じない場合には、強制執行の申し立てを行い、執行官から明け渡しの催告を行ってもらうという方法があります。

催告した期限を過ぎても賃借人が立ち退かない時には、執行業者を通じて強制的に家財道具を撤去することができます。
項目を追加

当事務所の強み

01

お問い合わせ

メールもしくはお電話でお問い合わせください。
お客様のご都合に合わせて、ご相談、お見積もりをさせていただきます。
01

年間担当件数300件以上の豊富な実績

不動産の明け渡しは簡単に解決できる問題ではありません。
よりスムーズ・スピーディ・理想的な形での解決をお求めでしたら、経験豊富な弁護士に依頼されることをおすすめします。
大阪・北区東天満の法律事務所桃李には不動産トラブルの年間担当件数300件以上という豊富な実績がございますので、安心してお任せください。
02

早期解決へと至る最善のスキームをご提案

ケースによっても異なりますが、不動産の明け渡しでは「裁判所をからめた対応」が重要となります。
例えば、家賃を滞納している賃借人に何度支払いを求めても「お金が入ったら払う」と言うばかりで、一向に誠実に対応してくれないとします。
こうした場合、賃借人が支払うのを待ち続けていては損害が拡大するばかりです。
なので、裁判所への訴訟提起を視野に入れたスピーディな解決方法を検討する必要があると言えます。
このように不動産の明け渡しでは、早期解決へと至る最善のスキームが求められます。当事務所ではこれまでの経験から培ったノウハウをもとに、ご依頼者様の状況にとってベストと思われる解決方法を提案させて頂きます。
03

懇意にしている執行業者がいるので費用を抑えることが可能

強制執行の際には、執行業者を通じて強制的に家財道具などを撤去することになりますが、この時、業者に費用を支払わなければいけません。
これまでの賃料未払いや、今後のハウスクリーニング代などを考えると、こうした費用も決して軽くない負担かと思います。
当事務所には懇意にしている執行業者がございますので、そちらを通じて強制執行を行えば通常よりも費用を抑えることが可能です。
項目を追加